温泉の効能

天然温泉の「各種源泉」は「皮膚病」にオススメ

皮膚病は、デリケートなお手入れが必要です。
せっかくの人生、癒す気持ちでむしろ「上手なお付き合い」にしたいものです。
そんな時、素晴らしいのが温泉です。
「単純泉」「硫黄泉」をはじめ、金属色の物や、温度が様々と、自然の力には驚かされるバリエーションです。
動物も愛用しています。
オススメは、塩素なしの源泉です。
ローカルエリアを中心に、至る所に点在するので、旅行に出かけ、気に入った付近に引っ越すのも手です。
温泉の入り方は、まず体を洗ってください。
シャワーをした後、足からゆっくり浸かります。
基本は「半身浴」で、たまに首まで浸かってください。
もちろん、顔と頭にもかけましょう。
地方の温泉は「自然の恵み」を理解している方の運営が多く、「誰のものでもない」ため、心配な場合でも病を相談してOKならば、いつでも気兼ねなく入れます。
年間パスを使えれば、家庭よりお得かもしれません。
皮膚病でネガティブになっている方は、旅行に行って、気に入った源泉を探してみてはいかがでしょうか。

温泉療法で皮膚病を治す

温泉には、慢性の湿疹や蕁麻疹などの皮膚病に効果的なものがあります。
もちろん、一度湯につかればたちまち治るというような即効性のあるものではありませんが、2~3週間の湯治では、多くの改善の事例が認められています。
慢性の湿疹には、皮膚の血液循環を良くする硫黄泉をはじめ、アルカリ泉や放射能線などが有効とされ、ぬるめの湯にじっくりとつかるのがよいといわれています。
蕁麻疹には、入浴後の皮膚温が高く保てるミョウバン泉や単純泉がよく用いられます。
苦味泉や硫黄泉などの飲用が効く場合もあります。
ただし、急性の湿疹や蕁麻疹には、温泉療法が適さないものがあるので、注意が必要です。
また、アトピー性皮膚炎には、殺菌効果のある酸性泉の他、単純泉、炭酸水素泉などで効果がみられます。
時間をかけて取り組むことによって、自然治癒力が取り戻されてきます。
いずれの場合も、治療として利用するならば、素人判断で決めず、医師や専門家の指導を仰いだうえで行うことが望ましいでしょう。

注目サイト

軽井沢 不動産

2017/11/24 更新