アトピーについて

皮膚病の一つであるアトピー

赤ちゃんの頃から乳児湿疹が酷いと心配になります。
赤ちゃんの頃はまだアトピーとは断言出来ないのです。
乳児湿疹とすごく症状が似ているので別の要因も考えられる事もありますが、肌は乾燥肌で皮膚の表面が固いとなりやすいとされています。
逆に乳児湿疹は、食べ物によっても出るので食物アレルギーも考えなくてはなりません。
離乳食が始まる前の赤ちゃんだとミルクしか飲んでいないはずなのに乳児湿疹が酷いと乳アレルギーでだったりする事もあります。
乳アレルギー対応のミルクに代えると肌が綺麗になります。
アトピーと診断出来るのは生後5か月過ぎないと断言できないようです。
皮膚病の中でもアトピーの人は年々増え続けています。
症状としては肌がカサカサで寝ていても痒くて寝れないほどの痒みを発します。
対応としては肌の乾燥を防ぐ為に保湿剤と意見が分かれますが、ステロイドを塗る人がいます。
ステロイドは一度やめるとドンドン強い薬を使わなくてはいけないし、副作用が酷いとも言われてますが、短期で使うには問題ないとされています。

アトピーの皮膚病を緩和するための方法について

皮膚病の中でも、アトピー性皮膚炎は痒くてなかなか治りにくく辛いものです。
薬で治療する方法もありますが、まず大切なことは体質改善と生活環境を見直すことです。
体質改善方法としては、野菜をしっかり食べることを心がけましょう。
野菜にはビタミン類が多く、皮膚を保護したり肌のターンオーバーを促進したりする働きもあります。
ビタミンCは綺麗な肌を作るためのコラーゲンを生成する作用もあります。
またアトピーには塩水も良いので、海水浴に行くのも良いでしょう。
生活環境で気を付けなければならないことは、車の排気ガスや埃が多い場所などを避けることです。
アトピー性の肌は化学物質やアレルギー物質に敏感です。
化粧品に関しても、天然成分でできている低刺激のものを使用するようにしましょう。
また汗をかいた後はすぐにシャワーを浴びて清潔にして、乾燥を防ぐことも大切です。
ストレスにより症状がひどくなることもあるので、心身共にリフレッシュできる趣味を持つと良いでしょう。

recommend

芸能の専門学校で学ぶ

2017/9/6 更新